見直しが必要

生命保険は加入したらそのままにしてしまう人が多いです。しかし結婚をして年数を重ねるごとに家庭環境は徐々に変化していきます。子供が生まれることで将来の保証を充実させたいという希望が出たり、家を購入したり、子育てを卒業したり、いろんな人生の節目があります。その中で、生計者は家族が困らないように働き収入を得てきます。そうすることで家族全員が路頭に迷うことなく、生活を維持することができます。

生活の維持するために必要なお金は家庭環境に異なります。子供が小さいときは生計者が一人になりやすく万が一のことがあったら無収入になるため手厚い保証を求める家庭が多いです。しかし共働きになり、家などを購入した時は、生計者がなくなると同時に住宅ローンもなくなるため、生涯家賃の負担なく生活することができます。そう言った軽減があるため生命保険を見直しする人もいます。

ただし経済的に負担でなければ子供に手がかからなくなるまで手厚い保証があった方がいいと判断する家庭もあります。手厚い保証の中には子供の大学までの教育費を含んでいる家庭が多いためです。ただし子どもが独立して社会人になると子供にではなくパートナーの老後に必要な費用があれば十分と考える人が増えます。そこで保険を見直しすることで、保険料も軽減でき必要な額だけの死亡保証に切り替えることができます。