万が一に備えて

親から独立をして新たな家庭を築いていくということは夫婦として家族を守っていく必要があります。お互いが支えあい、生活を共にすることで家族を作り上げていきます。二人の生活から、子供が授かり守るべきものがさらに増えていく家庭が多いでしょう。この不景気の時代で誰もが不安になるのが、子供の将来です。特に子供が小さいときは共働きだった夫婦も生計者が男性だけになることが多いです。

産休や育休を取得したとしても収入源は減ってしまうため、金銭的には今までよりも厳しくなります。そうなるとより経済的な心配が増え、もし万が一のことがあった時に無収入になってしまうという不安がのしかかってきます。

そこで多くの人が万が一に備えるのが生命保険の死亡保障です。死亡保障は契約者が不慮の事故や病気で亡くなった時に一括で支払われる保険金です。なかには死亡以外でも寝たきりなど重度の障害を背負ってしまって働けない状態になった場合でも保険金が支払われるようになっている保険もあります。

残された家族が今まで通りの生活を一定期間保つためにはある程度のお金が必要になります。さらに子供が小さい場合は働きたくても働けない環境にある人もいます。そう言ったときに生活の支えになるのが生命保険の一番のメリットです。なくなってしまってからも家族の為に自分がしてあげられる最後の贈り物として加入する人もいます。