生命保険の契約

長い人生の中で必ず誰しもが死を迎えます。日本人の寿命は年々長くなり男女ともに80歳を超えています。平均寿命まで長生きしたいと思っていても万が一のことが起きたとき、人生が大きく変化します。特に子供が小さい家庭やまだ働き盛りの時に生計者に万が一のことが起きた場合、日常生活を送ること自体困難になってしまいます。働き世代は病気になる確率も低く、元気で働くことができるのが当たり前と思いがちです。

しかし急な事故や病気の発覚によりこの世を去ってしまう可能性がまったくないというわけではありません。特にがんなどの病気は4人に1人はなる病気といわれ、生活習慣によって発生しやすい病気です。そのため若い世代でも発症する可能性もあります。

そんな万が一に備えて加入する価値があるのが生命保険です。生命保険の中でも死亡保障は契約者が死亡してしまった場合、残された家族が生活に困らないために加入するものです。そのため家族構成や共働きかどうかなども死亡保障の金額に大きく影響します。子供が小さい場合は、大学進学までに必要な教育資金などを含めて死亡保障を考えなくてはいけません。反対に子供が独立をしている場合は多くの死亡保障が必要なくなります。そのため保険の見直しをして死亡保障の減額などを検討する過程が増えてきます。扶養する家族の人数が多ければ多いほど死亡保障をしっかり確保しなくてはいけません。また持ち家か持ち家ではないかなど住居状態によっても死亡保障の設定が変わります。