見直しが必要

生命保険は加入したらそのままにしてしまう人が多いです。しかし結婚をして年数を重ねるごとに家庭環境は徐々に変化していきます。子供が生まれることで将来の保証を充実させたいという希望が出たり、家を購入したり、子育てを卒業したり、いろんな人生の節目があります。その中で、生計者は家族が困らないように働き収入を得てきます。そうすることで家族全員が路頭に迷うことなく、生活を維持することができます。

生活の維持するために必要なお金は家庭環境に異なります。子供が小さいときは生計者が一人になりやすく万が一のことがあったら無収入になるため手厚い保証を求める家庭が多いです。しかし共働きになり、家などを購入した時は、生計者がなくなると同時に住宅ローンもなくなるため、生涯家賃の負担なく生活することができます。そう言った軽減があるため生命保険を見直しする人もいます。

ただし経済的に負担でなければ子供に手がかからなくなるまで手厚い保証があった方がいいと判断する家庭もあります。手厚い保証の中には子供の大学までの教育費を含んでいる家庭が多いためです。ただし子どもが独立して社会人になると子供にではなくパートナーの老後に必要な費用があれば十分と考える人が増えます。そこで保険を見直しすることで、保険料も軽減でき必要な額だけの死亡保証に切り替えることができます。

死亡保障のつけ方

生命保険といってもいろんな種類があり一概にこれがいいとは言い切れません。なぜなら家庭によって年齢や家族構成も異なり、住居や生活環境も異なります。万が一のことがあった時に生活の保障としていくら必要と感じるかなどの人によって異なります。そのため各家庭に合ったプランニングをして、さらに人生の転機があった時には見直しをすることが大事です。子供が生まれたときやマイホームを購入した時、転職をしたとき。子度建てから卒業した時など、各家庭によって保障が必要な時と保証を外してもいいと感じるタイミングは異なります。さらに保険も医療保険、生命保険、学資保険などいろんな種類がありそのような形で保証を得たらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで希望する死亡保障をつけたい場合はどのようにしたらいいのでしょうか。まず一つ目は医療保障などの死亡保証額の設定を上げるという方法です。死亡保障を増やす金額によっては保険料が一気に高くなってしまうケースがあります。そのためかならず今加入している保険の担当者に見積もりを出してもらうのがおすすめです。

もう一つの方法は死亡保障のみの生命保険に加入することです。掛け捨てであれば数千円で数千万円の死亡保障を確保できることができます。無理なく大きな保証を得ることができ、見直しをするときはその保険のみを解約するだけなのでとてもわかりやすいです。

万が一に備えて

親から独立をして新たな家庭を築いていくということは夫婦として家族を守っていく必要があります。お互いが支えあい、生活を共にすることで家族を作り上げていきます。二人の生活から、子供が授かり守るべきものがさらに増えていく家庭が多いでしょう。この不景気の時代で誰もが不安になるのが、子供の将来です。特に子供が小さいときは共働きだった夫婦も生計者が男性だけになることが多いです。

産休や育休を取得したとしても収入源は減ってしまうため、金銭的には今までよりも厳しくなります。そうなるとより経済的な心配が増え、もし万が一のことがあった時に無収入になってしまうという不安がのしかかってきます。

そこで多くの人が万が一に備えるのが生命保険の死亡保障です。死亡保障は契約者が不慮の事故や病気で亡くなった時に一括で支払われる保険金です。なかには死亡以外でも寝たきりなど重度の障害を背負ってしまって働けない状態になった場合でも保険金が支払われるようになっている保険もあります。

残された家族が今まで通りの生活を一定期間保つためにはある程度のお金が必要になります。さらに子供が小さい場合は働きたくても働けない環境にある人もいます。そう言ったときに生活の支えになるのが生命保険の一番のメリットです。なくなってしまってからも家族の為に自分がしてあげられる最後の贈り物として加入する人もいます。

生命保険の契約

長い人生の中で必ず誰しもが死を迎えます。日本人の寿命は年々長くなり男女ともに80歳を超えています。平均寿命まで長生きしたいと思っていても万が一のことが起きたとき、人生が大きく変化します。特に子供が小さい家庭やまだ働き盛りの時に生計者に万が一のことが起きた場合、日常生活を送ること自体困難になってしまいます。働き世代は病気になる確率も低く、元気で働くことができるのが当たり前と思いがちです。

しかし急な事故や病気の発覚によりこの世を去ってしまう可能性がまったくないというわけではありません。特にがんなどの病気は4人に1人はなる病気といわれ、生活習慣によって発生しやすい病気です。そのため若い世代でも発症する可能性もあります。

そんな万が一に備えて加入する価値があるのが生命保険です。生命保険の中でも死亡保障は契約者が死亡してしまった場合、残された家族が生活に困らないために加入するものです。そのため家族構成や共働きかどうかなども死亡保障の金額に大きく影響します。子供が小さい場合は、大学進学までに必要な教育資金などを含めて死亡保障を考えなくてはいけません。反対に子供が独立をしている場合は多くの死亡保障が必要なくなります。そのため保険の見直しをして死亡保障の減額などを検討する過程が増えてきます。扶養する家族の人数が多ければ多いほど死亡保障をしっかり確保しなくてはいけません。また持ち家か持ち家ではないかなど住居状態によっても死亡保障の設定が変わります。